DIGIBASE CN200pro
奇怪なフィルムの登場である。

AGFAの作品である。
地味な発色なのである。
ある意味、コダクローム的感覚かも知れぬ。

ISO200でも、結構、粒子は粗いのである。
渋い、個性的な絵作りをしたい方にはお勧めかも...

ネガであるが、E6(ポジへのクロス現像)も推奨されているという...
謎である。


ここで、販売しているので興味ある方は発注してみるのもいいかと思われる。

a0071021_19324615.jpg

[PR]
by lm_hell | 2011-11-05 19:32 | FILM


<< 高圧線の主張 開聞岳 >>