人気ブログランキング |
野間大坊刀塚
源義朝は平治の乱に敗れたのである。で、東海道を下ってきた源義朝は、なぜか知多半島まで逃げてきたのである。
ところが、風呂に入っているとき、暗殺にあったのである。この時、義朝は「我れに木太刀の一本なりともあれば」と叫んだと言われているが、真偽のほどは定かではないのである。
なお、ここの坊主は生臭坊主なので説教を受けてみるのも一興であろう....
ということで、次に登場するのは北の国(ロシア)産のブルジョワレンズである
ОРИОН-15(Orion-15:オリオン) 28mm F6
である。
北の国(ロシア)産のブルジョワレンズだけあって、なかなかいい写りをすると思うのである。
a0071021_219062.jpg


於:愛知県美浜町 野間大坊
R-D1s+Orion-15 28/6







ZEISSのTOPOGON(トポゴン)のコピーと言われている。
開放値がF6と言うのも笑えるが...
(レンジファインダーでは開放値は余り関係ない)
写真を見てお分かりかと思うが、絞りが中途半端に閉じている。コレが正常なのである。
ある人が絞りバネを取っ払って撮ったことがあるそうだが、F4くらいの開放値になるそうである。ところが、フレアっぽく使い物にならなかったそうである....
それにしてもZEISSのマネか、П(P)って何なんだ....Пの意味がお分かりの方はご教授たまわりたい....
a0071021_21175580.jpg

by LM_HELL | 2006-07-19 21:18 | Orion-15 28/6


<< 梵鐘型の窓 上州 草津温泉 >>