人気ブログランキング |
小さな巨人現る!!
次に登場するのはSummicron-C 40mm F2.0(ズミクロン40/2.0)である。
見かけはチンケであるが....
ライカCL用に1973年より5年間だけドイツで製造されたCL用の標準レンズである(このときはミノルタ君も頑張ったのだが...)。レンズ構成はガウスタイプの4群6枚構成であるとのこと。
とりあえず、我が家にあった人形を開放で撮ってみた。
空気感?? 不思議な描写になったのである...
クセになりそうな玉ではあると思った....
a0071021_17435393.jpg


於:愛知県東海市 我が家の2階
R-D1s+Summicron-C 40/2.0





小さいクセに重量感を意外と感ずるのである。
ライカCL用であるが、Mマウントなので、R-D1sにそのまま使えるのである。
(ただし、R-D1sには40mmの枠がないのである。ということで、35mmを頭の中で縮小して使うか、50mmを頭の中で拡大して使うかしかないのである。)
とりあえず、PENTAX DA40/2.8ULTORON 40/2.0で40mmの画角感覚は鍛えていたので、ナントカなるのである。

右:PENTAX DA40/2.8 左:Summicron-C 40/2.0
a0071021_17581891.jpg
a0071021_17582435.jpg

by LM_HELL | 2006-09-18 17:58 | Summicron-C 40/2.0


<< 赤丸ポスト 日没後 >>