人気ブログランキング |
カギラー
次に登場するのは、レンジファインダーの世界で一番短い玉と思われる
コシナ社の Voigtländer Ultra Wide-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical
である。
(フォクトレンダー ウルトラ ワイド ヘリアー 12mmF5.6 アスフェリカル)
強烈な遠近感の世界である(超広角と魚眼は別物であることをご承知あれ)。
とりあえず、R-D1sで撮ってみた。
フル画素(REFの世界では35mmデジタルは、まだない)に比して1.5倍の画角(18mm相当)となるが、それでも十分超広角ではある。
写真はカギラーと呼ばれるモノである。
この拙ブログだけのために撮ったモノで他意はない....
a0071021_1914367.jpg


於:韓国ソウル市 踏十里駅あたり
EPSON R-D1s + Heliar 12/5.6




ペンタックスの魚眼と大きさを比較してみた。
ペンタックスの魚眼はAPS-Cサイズの映像素子に特化したモノで、35mmサイズに比して十分小さいはずである。

右:Voigtländer Ultra Wide-HELIAR 12/5.6
左:Pentax DA Fish-eye 10-17/3.5-4.5

a0071021_1965052.jpg
a0071021_1965731.jpg

by LM_HELL | 2007-02-25 19:07 | Heliar 12/5.6


<< 右側通行 迪化街夜景 >>